--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
04.17

天王寺区K邸リフォーム(2)

前回の続きです。

天井、壁面のクロス貼り替えが完了し、リビングの畳スペースの設置に進みます。
リビングはタイル張りで、床暖房が設置してあります。
図面で確認しますと床暖房が少しだけかかりそうですw

畳スペースを設置する場合、床暖房対応にするのならば薄い畳を使用します。
しかし、畳スペース全面が床暖房でなければ逆効果ですw

熱伝導率の高い「床暖対応畳」は床暖がなければ只の薄く冷たい畳になっちゃいますねw
今回は4分の1程度しか床暖がないので、通常のスタイロ畳をご提案させていただきました。
洋風なリビングなので、琉球風のヘリなし畳をサイズオーダー。
畳表はダイケンの和紙を使用。
和紙畳は丈夫で色褪せや水こぼしもへっちゃらです♪

しかし問題点がもうひとつ・・・
上り框を取り付けるのですが、タイルの下には温水暖房パネルがありますので、
ビス止めは出来ません。。
しかも、将来的に撤去するかもしれないとの事ですので、強力なボンドも使用
出来ませんw




そこでこんな方法で取付ましょう。
まずは既存のタイルを綺麗にお掃除^^
その上に養生テープ(強粘着)を貼ります。

2014-02-08-10-05-38_photo.jpg

框は接着面積を多くする為、ベース付で製作します。
今回は洋風にも和風にもマッチするシオジの柾目で製作。

2014-02-08-10-13-27_photo.jpg

ウレタンボンドをたっぷり塗布^^
取付後は突っ張り棒で押さえて3日間放置^^

2014-02-15-11-07-07_photo.jpg

ベース15㎜厚に揃えてカネライトを敷き詰めましょう。
断熱効果バッチリです^^

さらに琉球風スタイロ畳を・・

長方形サイズで12枚^^

2014-02-15-11-57-26_photo.jpg


完成です♪

2014-02-15-12-08-34_photo.jpg

我が家にもこんなスペース欲しいなぁ~^^;



おしまい


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ライズ・アートのホームページ
ブログ
トラックバックURL
http://rhysart.blog.fc2.com/tb.php/51-efb50349
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。